新聞購読料金の不思議

新聞購読料金の不思議

 

朝日新聞で言えば

  • セット版 4037円
  • 統合版 3093円

税込みです。

セット版とは朝刊、夕刊のお届けです。統合版とは朝刊のお届けです。セット地域でも朝刊だけ配達してもらうことは可能です。ただし、朝刊配達だけの料金は販売店によって違うケースがあります。

 

朝日新聞社サイトより

 

セット版エリア
北海道の一部・茨城県の一部・栃木県の一部・群馬県の一部・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県の一部・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県の一部・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県の一部・奈良県の一部・和歌山県の一部・山口県の一部・福岡県・沖縄県の一部
上記以外のエリアでは「統合版」となります(上記地区でも朝夕刊セット・統合版の混在する地区があります) 。

 

たとえば、東京都内で朝刊だけを購読する場合には、3800円の販売店や3500円の販売店もあります。これは新聞社が上記2種類の月決め購読料しか設定していないので、セット版地域で販売店によって
価格差が生まれるそうです。読売などライバル販売店の価格設定などの状況次第です。

 

新聞は数少ない、再販価格商品で新聞定価が決められています。再販価格商品についてはまたあとで説明しますね。

 

ですので、地元で朝日新聞を購読していて、「東京に来たら新聞代が高くなっていた」なんて不満を漏らす読者もいるようです。

夕刊は新聞社の広告収入の関係で発行していると言われていますが、ページ数もペラペラでニュース性も乏しく、配達エリアも縮小しています。
私は朝刊を充実させるほうが不公平感もなくなるのでは、と感じます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。