朝日新聞社グループ

「いつまで、新聞とってるの(購読しているの)?家計が大変だから、お父さん、新聞やめない?」

「いいんだよ、朝、ないと寂しいんだよ。、まだ、やめられない」

我が家の会話です。

でも実際は、それほど新聞読まないし、なくても困らない。夕刊何か、いらない。じゃあ、いつやめるの? 止め時を考えている方も多いと聞きます。そんな、悩みないでしょうか?

でも、新聞を購読していればのメリットもあります。新聞好きな方はたくさんいます。新聞社が衰退すると困ることもたくさん出てくると思います。

硬い話をすれば、新聞はいまだに「社会の木鐸」です。トランプ大統領の暴走は誰が止めるのでしょうか?ニューヨークタイムズがその役割を担っています。日本でも同じです。新聞社が滅びれば社会も堕落するのではないでしょうか。

それにしても新聞が急激に減っています。インターネットが20年前に出現し、携帯電話、スマホ、動画と続き、人々の情報手段は変わりました。今や、10代、20代の若者は新聞を購読しません。

あと30年後、今、主力で読んでいる50代以上が全員いなくなるころには新聞もほとんどなくなるということです。

このサイトでは普段あまり知られていない新聞社の裏側含めて、新聞社を知っていただければと思います。

今月のおすすめの新聞はこちら

朝日新聞

日本の3大新聞です。発行部数は読売新聞社に負けていますが、政治面や経済面の記事の深さは勝っているのかもしれません。好き嫌いがはっきりしているので、まったく読まない読者もいます。大学入試試験の出題数も多く、教育面に力を入れています。

ネット、スマホがありますので、情報の取り方は変わりました。時代の流れについていけないのが、新聞社であり、テレビ局です。

広義の意味で、私は新聞肯定派です。

このサイトでは、私が調べた新聞の購読申込方法と新聞のおもしろさをお伝えします。

朝日新聞社

第1回目は朝日新聞社

朝日新聞グループの新聞購読申込方法をご案内します。

朝日新聞の購読お申し込み方法はこちらからお願いします。⇒朝日新聞 お申し込みの方にネット限定プレゼント!オリジナルカタログギフト!!
朝日新聞は7日間のお試しも可能です。詳しくはこちら⇒

配達、集金や不明な点も上記のサイトに代表的な質問に答えが書いてあります。

引越されて、明日から購読したい場合も、基本的に17時ごろまでコチラから申込されれば、平日でも土日祝日でもASA(朝日新聞販売店)に連絡がいきます。

子どものころから読んでいた新聞は引越したあとも読みたいモノ。

朝日新聞社では新規事業として、クラウドファンディングにも力を入れています。夢への架け橋となるクラウドファンディングで、挑戦者を応援しよう!
資金調達したいと持っている起業家、資産運用を検討している資産家をつなぎます。、もしかしたら、あなたのお金で映画が大ヒットするかも・・・

新聞購読はインターネットが便利

朝日新聞に限らず、大手全国新聞社にはセット版と統合版という新聞区別があります。
新聞購読の申込方法はインターネットが増えています。

かつては、新聞勧誘員が新聞セールスをしていました。最近は新聞が売れないのか、セールスマンが少なくなったと聞きます。
新聞セールスの常套句は景品のサービスでした。

今は、パソコン、スマホからの申し込みが増えています。
一度でも新聞セールスマンから購読すると、何度も訪問セールスに来られるのが、嫌でネットから申し込みが増えています。

ネット申し込みのメリット

  • セールスマンに会わなくて済む
  • 集金もカード払い、振込対応できるので、訪問集金に会わなくて済む
  • キャンペーンも実施中なので景品ももらえる
  • 契約は3カ月以上ですが、それ以上長く購読になっても、余計な必要以上の景品をもらっていないので、解約できる
  • ネットで集金方法も指定できる。カード引き落とし、自動振り替え、訪問集金、年度払い

朝日新聞購読料金の不思議

朝日新聞社で言えば

  • セット版 4037円
  • 統合版 3093円

税込みです。

セット版とは朝刊、夕刊のお届けです。統合版とは朝刊のお届けです。セット地域でも朝刊だけ配達してもらうことは可能です。ただし、朝刊配達だけの料金は販売店によって違うケースがあります。

朝日新聞社サイトより

セット版エリア
北海道の一部・茨城県の一部・栃木県の一部・群馬県の一部・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県の一部・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県の一部・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県の一部・奈良県の一部・和歌山県の一部・山口県の一部・福岡県・沖縄県の一部
上記以外のエリアでは「統合版」となります(上記地区でも朝夕刊セット・統合版の混在する地区があります) 。

たとえば、東京都内で朝刊だけを購読する場合には、3800円の販売店や3500円の販売店もあります。これは新聞社が上記2種類の月決め購読料しか設定していないので、セット版地域で販売店によって
価格差が生まれるそうです。読売などライバル販売店の価格設定などの状況次第です。

新聞は数少ない、再販価格商品で新聞定価が決められています。再販価格商品についてはまたあとで説明しますね。

ですので、地元で朝日新聞を購読していて、「東京に来たら新聞代が高くなっていた」なんて不満を漏らす読者もいるようです。

夕刊は新聞社の広告収入の関係で発行していると言われていますが、ページ数もペラペラでニュース性も乏しく、配達エリアも縮小しています。
私は朝刊を充実させるほうが不公平感もなくなるのでは、と感じます。

新聞購読のメリット

ご家庭で新聞購読するメリットはたくさんあります。

お子さんをお持ちの方には、特に強調したいと思います。
主婦の方にはスパーのチラシなどが喜ばれていましたが、これも今やスマホからクーポンや割引券が出せる時代となり
新聞折り込みの優位性は下がっています。

しかし、地域限定でのチラシ効果は商店街などの宣伝には欠かせません。

  • 折り込みチラシ
  • クーポン広告
  • 販売店サービス(古紙回収、ポイント制、挨拶品配布)
  • 子どもに対する教育
  • 国語力のアップ
  • 情報の網羅性
  • 情報の確かさ
  • 網羅性
  • 価値判断
  • 深み

朝日新聞の解約、中止方法

当初の契約期間が終了すれば、それ以上購読する義務はありません。

契約が終了しても、引き続き購読される読者が多いので、販売店は通常引き続き配達するケースが多いです。

朝日新聞の不要の場合は、配達するASA朝日新聞販売店に伝えてください。

これは新聞社では契約、集金の状況を管理していないため、新聞社では購読の中止、停止、解約を簡単に受けることはできません。

朝日新聞の面白さ

私が思う朝日新聞社の良さを紹介します。

朝日新聞は就活に強いとか、大学入試に強いとか、宣伝します。

実際に感じるのは記者のクオリティーの高さ、人材の豊富さを感じます。

また、政治、経済のスクープも多いです。
優秀な社員ほど、退社する傾向はあるでしょうが、会社としての知識レベルは他社を圧倒しています。

受験生なら、天声人語の書き写しノートなどを利用して、論文の勉強などができます。

新聞の持つ情報量

新聞は毎日、32ページ前後でものすごい量の情報を読者に与えています。
スマホでは、それだけの情報量を得る場合、どのくらいの時間が掛かるでしょうか。
おそらく、2時間程度、時間がかかるのではないでしょうか。

新聞が持つ網羅性は教養、知識の幅を広げます。スマホでは自分の興味情報しか入ってこないため、視野の広がりがありません。

新聞では、普段見ない外交面や経済面でも、目に飛び込んでくる見出しがあれば、記事を
読んでしまうことがあります。それが積年となって、人間の幅を広げます。

新聞なら1ページずつ、新聞をめくって、必要なところだけ、重点に読む。
これができれば、10分程度で情報が整理され、収集されます。

朝日学生新聞社

朝日学生新聞社は朝日新聞社の完全子会社です。

小学生を対象とした朝日小学生新聞と中学生、高校生を対象と朝日中高生新聞を発行しています。

月決め定価

朝日小学生新聞 1769円
朝日中高生新聞  967円

朝日学生新聞申し込み先⇒https://www.asagaku.com/

日刊スポーツ新聞社

日刊スポーツ新聞社は子会社ではありませんが、朝日新聞社の販売流通網に乗ったスポーツ新聞です。
発行部数はスポーツ新聞の中で一番多く、プロスポーツ界の信頼も厚い新聞です。

月決め定価

3353円。1部売り140円(税込み)

ただし、日本全国では法人が違います。北海道、東京、西日本の3社に分かれています。

日刊スポーツ新聞社の購読はこちら⇒https://koudoku.nikkansports.com/