朝日新聞

朝日新聞

日本の三大新聞の1つです。発行部数は読売新聞社に負けていますが、政治面や経済面の記事の深さは勝っているのかもしれません。好き嫌いがはっきりしているので、まったく読まない読者もいます。大学入試試験の出題数も多く、教育面に力を入れています。

歴史

第1号が1879年(明治12年)大阪で、東京でも1888年(明治21年)に創刊され、130周年を迎えた。1915年の第1回全国中等学校優勝野球大会から始まる夏の甲子園(現・全国高等学校野球選手権大会)を主催。著名な文化人が所属していた事でも知られる。販売店「ASA」。

定価(朝夕刊セット・統合版)

4,037円・3,093円

一部売り定価(朝刊)

150円

特徴・ポイント

①偏り無く幅広い記事でバランスが取れているので、ざっと読むだけでも会話の材料に困らない。

②文化面・科学分野の記事が非常に充実している。夏の高校野球・吹奏楽コンクールも好印象。投書やコラムの欄などは温かい内容が多い。天声人語は文章の構成が素晴らしく受験でも役に立った。子どもにも安心して勧められる。

③販売店の定期イベントが地元密着で面白い。スタッフも感じが良くお年寄りに優しい。

④サッカー日本代表のマッチスポンサー。

キャンペーン・プレゼント

カタログギフト、関連書籍、ドラえもんグッズ。

申込み先

0120ー33ー0843

https://33.asahi.com/apply/w/order/?cmpn_cd=6b1004

お申し込み・お問い合わせは → こちら

朝日新聞 お申し込みの方にネット限定プレゼント!オリジナルカタログギフト!!
朝日新聞は7日間のお試しも可能です。詳しくはこちら⇒

配達、集金や不明な点も上記のサイトに代表的な質問に答えが書いてあります。

引越されて、明日から購読したい場合も、基本的に17時ごろまでコチラから申込されれば、平日でも土日祝日でもASA(朝日新聞販売店)に連絡がいきます。

子どものころから読んでいた新聞は引越したあとも読みたいモノ。

朝日新聞社の取り組み

朝日新聞社では新規事業として、クラウドファンディングにも力を入れています。夢への架け橋となるクラウドファンディングで、挑戦者を応援しよう!
資金調達したいと持っている起業家、資産運用を検討している資産家をつなぎます。、もしかしたら、あなたのお金で映画が大ヒットするかも・・・

朝日新聞の面白さ

私が思う朝日新聞社の良さを紹介します。

朝日新聞は就活に強いとか、大学入試に強いとか、宣伝します。

実際に感じるのは記者のクオリティーの高さ、人材の豊富さを感じます。

また、政治、経済のスクープも多いです。
優秀な社員ほど、退社する傾向はあるでしょうが、会社としての知識レベルは他社を圧倒しています。

受験生なら、天声人語の書き写しノートなどを利用して、論文の勉強などができます。

朝日新聞グループの新聞

朝日新聞社にはグループ会社があり、それぞれの分野で、「専門紙」を発行しています。少しご紹介しましょう。

朝日学生新聞社

朝日学生新聞社は朝日新聞社の完全子会社です。

小学生を対象とした朝日小学生新聞と中学生、高校生を対象と朝日中高生新聞を発行しています。

月決め定価

朝日小学生新聞 1769円
朝日中高生新聞  967円

朝日学生新聞申し込み先⇒https://www.asagaku.com/

日刊スポーツ新聞社

日刊スポーツ新聞社は子会社ではありませんが、朝日新聞社の販売流通網に乗ったスポーツ新聞です。
発行部数はスポーツ新聞の中で一番多く、プロスポーツ界の信頼も厚い新聞です。

月決め定価

3353円。1部売り140円(税込み)

ただし、日本全国では法人が違います。北海道、東京、西日本の3社に分かれています。

日刊スポーツ新聞社の購読はこちら⇒https://koudoku.nikkansports.com/