東京新聞

東京新聞

東京の記事がメインですが、大手三大新聞が目を向けないような地域の話題を幅広く丁寧に取り上げ、面白い記事もあります。原発関連記事のスタンスは明確で好感が持てます。首都圏で読める主要紙の中では、最も購読料が安いです。

歴史

誕生は1884年(明治17年)までさかのぼり、130年余の歴史を持つ。「東京新聞」の名前は1942年、前身の「都新聞」と「国民新聞」の合併から。1967年に中日新聞社の傘下となり現在に至る。同社の首都圏ブロック紙の位置付けとなっている。

定価(朝夕刊セット・統合版)

3343円・2623円

一部売り定価(朝刊)

110円

特徴・ポイント

①主要紙の中では一番安い。価格重視の方にオススメ。

②地元密着・庶民目線・地方目線の記事が多く、事実を偏り無く書いているのが良い。

③カラー写真が多く見やすいし 、文章が柔らかで優しく読みやすい。

キャンペーン・プレゼント

非常食セット・災害対策セット

申込み先

0120ー026ー999
http://tokyoshimbun.jp/

お申し込み・お問い合わせは → こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする