• 全国紙
  • 日本全国で販売している大手新聞社の紹介です。

朝日新聞が【学割】購読できるって本当?他紙では学割ないの?

新聞の学割は朝日新聞しかありません。(2018年10月28日追記)

毎日新聞もそのほかの新聞も学割ありました。失礼しました。( ;∀;)
学割スタート時は朝日新聞だけだったのですが、増えてきたのですね。

この制度の是非はともかく、少なくとも受け皿として学生がお安く新聞購読できる仕組みはいいです。

詳しくは下記のリンクから辿ってください。

朝日新聞学割購読条件

朝日新聞が学割になる条件はザックリ書くと以下の通りです。

  • 一人住まいの学生であること
  • 新規に新聞を購読すること
  • 学生証を確認できること
  • 1年以上の契約であること
  • 値引きや途中止め解約はしないこと

などなどです。

詳しくはこちらで確認してください

学割で購読できる新聞社

朝日新聞社が先行した学割購読ですが、次のように学割新聞できています。
学割条件は朝日新聞をベースにしているようで、似てます。

全国紙が少ないのはなぜでしょうか?販売店個別対応なのかしら?

詳細は各社のホームページをご参照ください。

中日新聞  http://hotweb.chunichi.co.jp/try/discount.html

毎日新聞  http://s-mainichigakuwari.jp/

北海道新聞 https://www.hokkaido-np.co.jp/form/8/

西日本新聞 https://www.nishinippon.co.jp/hanbai/gakuwari.shtml

大分合同新聞 https://koudoku.oita-press.co.jp/gakuwari/

宮崎日日新聞 https://www.the-miyanichi.co.jp/form/contact.php

山形新聞 https://www.yamagata-np.jp/koudoku/gakuwari/

 

上記のほかにも、これから学割新聞ができるかもしれません。

もし就活でこれから新聞購読したい場合など、地域の新聞販売店に相談されれば、意外とお安く購読できる手立てを考えてくれるかもしれません。

学割朝日は途中解約できるか

知恵袋など、書き込みなど見ますと「途中解約したい」、「読まなくなった」などの意見もあります。

ワタシの息子も朝日新聞学割購読させて、購読料はカード払いで親が負担していました。
金銭的な理由で支払えなくなった場合、両親に支払い能力がある場合は、まず親に相談するのが一番です。

購読できなくなる理由はたくさんあると思いますが、個人的な身勝手な理由での解約はできません。

社会人一歩手前の人間として、契約した以上ルールは守る必要があります。

何故、朝日新聞だけが学割スタート?

朝日新聞だけが学割でほかの大手新聞社があまり追随しないのは、それほど学割購読を利用する学生が広がっていないからだと思います。

もし効果があれば、読売新聞も同条件もしくは、さらに格安値段で始めているでしょう。

でも、新聞の購読って、50代以上の方ばかりで、10代、20代は読みません。
月極購読料を1000円でもいいから、読ませた方がいいと思うのは、ワタシだけでしょうか?

だって、20代前半までに新聞を読む習慣がないと、一生読みませんよ。
シッカリとした施策を考えないと紙の新聞に将来は厳しいでしょう。

 

朝日新聞が学割を始めた理由

朝日新聞が学割を始めた背景には、公正取引委員会の「価格の弾力的な運用を望む」がありました。
弾力的運用とは、古本屋のように時間が経過した新聞は安く販売するなどが考えられますが、実際に始めたりすると、いろいろ現場の不都合や矛盾が生じたりします。

そこで、学生には教育的見地からも「学割販売」に落ち着いたのだろうと推測します。

 

学割で新聞を読んで欲しい理由

大学生になったら

就職活動を意識する3年生になったら

朝日新聞の学割を利用しましょう。

 

新聞を読んで、就活に損することはありません。
今まで新聞を読んだことのないアナタはまず、どこからでもいいので全ページ目を通してください。

ザっとでもいいので、全ページめくって見出しだけでも見てください。
興味がある記事があれば読むことも大事です。

全ページ見るとアナタの知識の外側にある情報が必ず何かあるはずです。
それが、社会人になるための第一歩になると思いますよ。

全国紙の購読料比較するならこちらの記事も

 

学割が本当にお得な理由は?

とは言え、学割で2500円、2000円と言われても学生から見れば結構な価格です。

大学に入ったから、就活で利用するからといって、親にかじれるスネがあるなら、学割購読料出してもらってください。

きっと、「新聞を読みたい」と言われて喜ばない親は少ないと思うので・・・

朝日新聞の学割はこちら

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。