• 全国紙
  • 日本全国で販売している大手新聞社の紹介です。

中日新聞購読の魅力

東海地区で「新聞」と言えば中日新聞です。

この地区では中日新聞以外の新聞を目に触れることは少ないので、中日新聞の魅力も気がつかないのではないでしょうか。

親族に愛知県出身者がいますので、たまに現地で中日新聞を目にします。
ワタシが気がついた中日新聞の魅力を書きます。

中日新聞のシェア

中日新聞購読率が高いのは、愛知県、岐阜県、三重県です。3県では当然トップのシェアを誇っています。
静岡県の天竜川以西、長野県でも松本市を含む南信地区でも、中日新聞のシェアは高いものがあります。

石川県では北陸中日新聞として全国紙を抑えて県で2位のシェアです。
ブロック紙としての中日新聞の普及率は高いです。

地元新聞の強み

新聞の購読数が激減していると言われていますが、地元紙の寡占状態である優位性を生かして今後も中日新聞は東海地区を中心に躍動するはずです。

この根拠はいくつかあります。

東京では見られないことですが、地方では家族が亡くなられると、葬儀の告知に新聞折り込み広告を利用されるケースがあります。
地区の回覧板などでもお悔やみは伝わるのですが、新聞の告知効果は高く、義理を欠いてはいけないことから、地元の新聞を購読しているケースがあります。

もちろん、新聞紙上でも「お悔やみ欄」は人々が毎日確認する日課になっている場合があります。

このように新聞と生活が密着している地区では新聞購読は必須です。

中日新聞のよさ

もちろん地元密着だけが中日新聞の魅力ではありません。

東京新聞との取材網も生かしたわかりやすい紙面構成、図解入りのわかりやすい紙面展開は定評があります。

このところ元気のない中日ドラゴンズですが、来年与田新監督を迎え、セリーグに新風を吹き込むでしょう。

中日ドラゴンズの活躍抜きに中日新聞の躍進はありません。

最新記事なら中日新聞

ニュースの速報性なら、今はインターネット、テレビにまったく太刀打ちできない新聞ですが、新聞社比較の速報性なら、東海地区は中日新聞です。

東海地区では圧倒的シェアを背景に中日新聞印刷拠点、新聞販売店を多数有しています。
その結果、印刷から家庭配達までの時間が短縮されることから、逆算した原稿の締め切り時間に優位性があります。

深夜まで延びたプロ野球結果など、中日新聞だけにしか掲載されないことも年に数回はあるでしょう。

 

中日新聞の売りは地域版

安定感のある紙面構成ですが、やはり魅力は地域版の細かい報道です。

政治経済記事の必要性は感じていますが、自分や家族、知人が新聞に掲載されることはうれしいことです。

もちろん、いいことに限りますが、中日新聞を購読していないと身近な人と会話にならないこともあるでしょう。

もし、他県から東海地区に引っ越された場合は、中日新聞購読から始めることも地元に溶け込む大事なポイントではないでしょうか。

中日新聞の購読ならここね

もし、東京で中日新聞が恋しい方は同じ紙面構成の東京新聞を(笑)

東京新聞

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。