朝日新聞のこんなこと知ってる?

朝日新聞を30年以上購読してわかったこと、新しいことなどをお伝えします。
けっこう、いいことやってるじゃんって!

朝日新聞社の取り組み

朝日新聞社のクラウドファンディング「A-port」

朝日新聞社では新規事業として、クラウドファンディングにも力を入れています。
ソーシャルレンディングのような融資型クラウドファンディングでなく、メセナ、ボランティア型のクラウドファンディングです。

夢への架け橋となるクラウドファンディングで、挑戦者を応援しよう!
資金調達したいと持っている起業家、資産運用を検討している資産家をつなぎます。、もしかしたら、あなたのお金で映画が大ヒットするかも・・・

夢を実現したいアナタ、朝日新聞社が支援者とマッチングのお手伝いをしてくれます。
利用しない手はないですね。詳しくは下記のサイトへ

https://a-port.asahi.com/lp/

 

「4years.」

2018年10月から大学スポーツなど、アマチュアスポーツにも力を入れるサイトをオープンさせました。
(https://4years.asahi.com/)

まだまだサイトとしては未完成ですが、アマチュアスポーツに本格的に力を入れるところ、目の付け所がいいと感じます。
意外とこの手のサイトなかったのです。

アピタル(医療・健康・介護):朝日新聞デジタル

朝日新聞は速報、ニュースだけではありません。
生活に密着したもの、健康にも信頼性のある記事を書いています。

新聞社なので、難しい内容、専門用語も上手にわかりやすく解説した記事が特徴です。
新聞では掲載できない情報は朝日新聞デジタルでしっかりとためになる「情報」をキャッチしましょう!

http://www.asahi.com/apital/

 

朝日新聞の本当のよさ

私が思う朝日新聞社の良さを紹介します。

朝日新聞は就活に強いとか、大学入試に強いとか、宣伝します。
実際に感じるのは記者のクオリティーの高さ、人材の豊富さを感じます。

また、政治、経済のスクープも多いです。
優秀な社員ほど、退社する傾向はあるでしょうが、会社としての知識レベルは他社を圧倒しています。

受験生なら、天声人語の書き写しノートなどを利用して、論文の勉強などができます。

上記以外にもたくさんチャレンジしていることはあるでしょうが、まずは紹介です。

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。